大切に飼ってきた犬や猫などのペットと最後のお別れをするために、ただ亡骸をペット火葬にしては寂しいものです。
そんなときに思い出を形として残すことができる品物があります。
それが毛や遺骨などを使ったメモリアルグッズと呼ばれるものなのですが、いざ自分の飼っていた犬や猫が亡くなったときにその商品を頼めるのかというと躊躇するかもしれません。
なぜならばそれは一体どのようなものなのか、どういう種類があるのかということがよくわからないからです。
そこで興味がある人が知っておきたい情報をまとめてみました。

ペット火葬業者で頼めるメモリアルグッズとは?

ペット火葬業者で頼めるメモリアルグッズとは? ペット火葬業者で注文することができるメモリアルグッズとはどういうものかというと、燃やす前にとっておいた毛や遺骨を使ってアクセサリーを作ったり、水晶などに亡くなった犬や猫の遺影を彫刻したりするものです。
いつでも離さず身につけたり、部屋に飾っておく置物ですから、自分の心が求めるときにペットの思い出を甦らせる事ができます。
大切に飼ってきた犬や猫を亡くした人は、その喪失感からペットロスになってしまうことが珍しくありません。
それは悪化すれば日常生活にも支障をきたすことになりますから、深刻に受け止めるべきものです。
心の問題を解決するためには心療内科など専門家の力を借りるのもよいのですが、ペット火葬をしてちゃんとお別れをした上で、遺骨などを使ったメモリアルグッズを用意して気持ちの整理をつけることができれば前に進む助けになります。
そういう意味でメモリアルグッズはとても役立つので注文する価値があります。

ペット火葬後に思い出を形にするメモリアルグッズの作り方

ペット火葬後に思い出を形にするメモリアルグッズの作り方 大切なペットが亡くなり、ペット火葬を行って見送った後は、思い出を形にするためにメモリアルグッズを作る場合もあります。
ペット火葬を済ませるとお骨だけになってしまって寂しい気持ちが大きくなりますが、メモリアルグッズを作ることで気持ちが安らぐかもしれません。
作り方としては業者に依頼するのが一般的であり、専門の業者には色々な商品が取り揃えてあります。
位牌やアクセサリーは定番だり、ペットとの思い出が詰まった世界に一つだけの形見を作ることが可能です。
アクセサリーにすると、より身近に亡くなったペットのことを感じられるようになりますし、お守り代わりに持ち歩く人もいます。
また、飼っていたペットにそっくりなぬいぐるみをオーダーできる業者もあり、精巧なつくりのぬいぐるみが飼い主を癒してくれます。
オーダーする際には特徴や思い出などを伝えておくとペットの個性を引き出して制作してくれますので、満足のいく仕上がりになるようです。
写真で作れるキーホルダーも人気です。
ペットの写真を入れればいつでも持ち歩けますし、写真関連では写真立ても人気があります。
最近では思い出の写真をムービーにしてくれるところもありますので方法は色々あります。

ペット火葬の情報リンク

ペット火葬 葛飾区